ワーキングホリデーで夢を実現!

FrontPage

ワーキングホリデー準備ガイド

ワーキングホリデーで夢を実現!カナダオーストラリア、韓国、ニュージーランドフランスドイツイギリス他、留学前に知っておきたい、ワーキングホリデーの各国事情を紹介します。

ワーキングホリデーとは?

ワーキングホリデー準備ガイド

この制度は、最長で1年間、自分の国とは異なる文化を持つ国で、休暇を使用しながら、付随的に就労し滞在資金を補う、という特別な制度です。この制度の目的は、こういった異文化の交流を青少年が行うことで、国際的視野を持つ若者を育て、さらに異文化に対しての相互理解を求めよう、そして、両国間の友好関係を促進しよう、というものなのです。素晴らしいですよね。

この対象国となっているのが、オーストラリアニュージーランドカナダ、韓国、フランスドイツイギリスアイルランドデンマークとなっています。多くの国々が、このワーキングホリデーの趣旨に賛同し、未来の担う若者がグローバルな視野が持てるように、この制度を推進しています。

今までは、学生の留学、また海外への仕事、さらに海外旅行、という形での渡航がほとんどでしたが、最近では、このワーキングホリデーを利用して、たくさんの若者が、海外での生活を経験しています。まずは、ワーキングホリデーをしたい、という場合にどうすればいいのかということを学んでおきましょう。

ワーキングホリデーの事前準備

ワーキングホリデーの制度を利用しよう、という場合は、事前の準備が肝心になります。この準備を怠ると、何かしら支障がきますし、せっかくのワーキングホリデーが、楽しくないもの、辛い経験となってしまう可能性があります。事前準備はしっかりと、抜かりなく行っておきましょう。

ワーキングホリデーしよう、と決める前に、自分がどこの国に行きたいのか、またその国で何を得るつもりか、その国の治安や経済はどうなっているのか、ということを情報収集しましょう。この国に行きたい、という希望のある場合は、その国の情報をなるべく細かく調べてみましょう。

だいたい、1年くらい前から準備を始めるのがいいですよ。情報の収集、さらに資金だって必要です。いくら向こうで働くつもりだ、といっても、当面、入用のお金がかなりあるはずです。ワーキングホリデーに行く、という場合の資金は、大体100万円といわれています。

後は、現地調達!ですね。そして、問題になるのは、現地に行って、就労するのですから、もちろん、語学力、ということも必要になってきます。日常会話、といわず、準備期間の間、とにかくなるべくその国の言葉を習得していきましょう。語学力は本当に力になると思いますよ。

渡航半年前、ここで、ビザの手続きの確認を行いましょう。さらにパスポート申請を行っておきます。3ヶ月前になったら、渡航先でのある程度の計画を立てておきます。この時期くらいに何をする、というような大間中物でいいと思いますよ。そして、ビザ申請を行います。国によって、申請時期が異なりますので、しっかり調べておくこと。航空券を手配し、滞在先での学校といった検討を行っておきましょう。

1ヶ月前、となったら、役所での手続きを行い、国際免許などもどうすればいいのか、ということを知っておく必要があります。手続きを続けましょう。ここで、絶対に加入しておいてほしいのが、海外旅行傷害保険です。万が一の事があった場合、この保険に加入していることが、救いになります。さらに、ユースホステルなどの手配を行います。出発の暇で、抜かりがないか?もう一度あらためて、計画書を見直してみましょうね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional